白髪染めにもさまざまな方法や種類があります。はじめて白髪染めをするタイミングに悩んだり、自分で白髪染めをしたら髪が傷んでしまったなど、白髪染めで失敗しないための情報を大公開します。そろそろかな…と感じたら、まずは当サイトで白髪染めに関することを確認してください!

白髪染め入門|白髪染めで失敗しないために

白髪染めで失敗しないために


color_3a.png白髪染めを使用する人の中にはヘアカラーを使用して髪の毛に色を入れる場合や単に白くなった部分を黒くするという方法を取るケースもあります。
いずれの場合も頭髪や頭皮に対して負担をかけるという点では共通しており、使用方法を間違えてしまうと
薄毛の原因髪質の悪化髪艶が失われるなどの症状が出ることがあります。
一度でもこれらの症状が現れてしまうと改善するのは難しくなってしまうので、できればそうならないように白髪染めを選んで購入する時点で十分に検討したいものです。今はネット通販を利用することによって日本で販売されている白髪染めを簡単に調べることができるので、実際に使用したことがある人の意見なども考慮しながら選んでいくとよいかもしれません。

 
どのタイプの白髪染めを使用するのかもその後の頭髪の状態を左右することになりますが、頭髪や頭皮の状態が気になるなら刺激が強いカラーリングはできるだけ避けるようにして保湿成分やバリア成分が含まれているシャンプーやトリートメントタイプがおすすめです。また、均一性に気を付けるというのも白髪染めを使用する上で重要なポイントになりますが、最初から色ムラが出てしまった場合はそれから色を入れる度に色ムラが出やすくなります。その場合は髪の毛に白髪が混じっている状態よりも目立ってしまうことになるため、染めるのを失敗してしまった場合は美容室で染め直してもらうなどの対処が必要となります。
 


白髪染めで髪が傷んだり、薄毛が始まってしまったなんて話しはよく耳にします。
そこで、天然成分にこだわった、無添加ノンシリコンなどの髪にやさしい白髪染めを集めてみました!
はじめて白髪染めをする時や、他の白髪染めが合わない時など、
白髪染めで失敗しないために是非参考にしてみて下さい!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オススメ♪白髪染めランキング

rank1.png
利尻カラーシャンプー

白髪染め
利尻カラーシャンプー

シャンプーで洗うたび白髪が目立たなくなる!!
無添加白髪用利尻カラーシャンプー
いつものシャンプーを変えるだけで白髪染め!!
--------------------------------------------
【ポイント1】シャンプーするだけだから簡単!
【ポイント2】無添加だから髪や頭皮にも安心!
【ポイント3】これまでになかった新発想!!
 
rank2.png
くろめヘアカラートリートメント

くろめ
ヘアカラートリートメント

無添加無香料でやさしく白髪染め
希少な昆布くろめは美髪成分の宝庫で、
白髪 を染めるだけでなくツヤのある-5歳髪を実現!!
全額返金保証付きだからお試しがオススメ
rank3.png
白髪染め

お出かけ前に生え際・分け目に、
さっとひと塗り!累計販売本数140万本突破!
サスティの[無添加]
利尻白髪かくし

白髪を染めるときの
「髪の乾燥、パサつき、傷み」
「頭皮が痛い」
「刺激臭が苦手」
などのお悩みや負担を軽減するために開発された
ヘアトリートメントです。
天然利尻昆布をはじめ髪に良い成分を贅沢に配合しているので、
内側から美しい髪へと導きます。 
rank4.png
ラサーナ

ラサーナ
ヘアカラートリートメント

「海藻ヘアエッセンス」のラサーナから遂に
ヘアカラートリートメント登場!

美髪ケアしながら根本・生え際までしっかり染まる、
ラサーナならではの「うれしい実感」をあなたの髪で!


 

白髪染めを自分でする場合



afbd02b63fd3b4c127c32bf647abfec1_s.jpg白髪染めを自分でする場合は美容室に通って染めてもらうよりも費用が安く済むというメリットがありますが、自分のペースで自由にできるというのも美容室の堅苦しさが苦手な人からするとメリットかもしれません。
ただし、髪の毛が長い場合はそれだけ白髪染めをする範囲が広くなるため、色ムラが出てしまう場合が多くなり、せっかく黒くなっても周囲の人から染めたことが明らかに知られてしまうなどのデメリットがあります。



また、日頃からヘアスタイリング剤を使用して髪の毛のおしゃれを楽しんでいる人は髪の毛の表面に膜が入っている可能性が高くなっています。この膜のせいで黒く色が入らない場合もあるので、必ず染める前はきれいにヘアスタイリング剤を洗い流してから使用しなければなりません。また、自分でする場合に女性の場合は髪の毛の総量が思っている以上に多い場合がほとんどなので、市販で販売されているヘアカラーリング剤を一本購入して染めるだけでは足りないことも想定されます。



 
白髪染めをする際のコツとしてはできるだけ同じ量の液剤を均一に塗るということで、少ない量を引き延ばしながら使用していると、どうしても場所によって液剤の量が変わってしまいます。
また、反対になかなか染まらないからといって必要以上に液剤を使用するのは厳禁で、その場合は白髪染めが髪質に合ってない可能性があるため、他のタイプを購入して使用するなど他の対策を考えるようにしましょう。


 

白髪染めをするタイミング



color_2a.png白髪染めが必要になるくらい頭髪に白髪の割合が増えてくるのは大体30代を超えたあたりからですが、始めのうちはカラーリングをして対応する人が多いと思います。
特に女性はおしゃれを目的に髪の毛に色を入れている人が多いため、これまで通り色を入れたのでも最初のうちは十分に対応することができますが、白髪の量が増えてくると通常のカラーリングだと不十分になってくるため、白髪染めに切り替える必要が出てきます。


どのタイミングで白髪染めを使用するかの大まかな目安としては、
誰が見ても明らかに白髪が分かるようになったくらいからです。
 
髪の毛をかき分けないと見つからない程度の場合は髪の毛に与えるダメージを考えると今まで通りカラーリングを利用する方がよいでしょう。
ちなみにカットをするタイミングでカラーリングも白髪染めもするのがおすすめで、これはカットした後の方が液剤を付ける範囲がそれだけ狭くなるため、カットをする前よりも後の方が良くなります。
また、一気に染めて黒髪に戻したい人が多いと思いますが、あまり急に染めてしまうと色ムラができやすくなるため、可能であれば少しずつ色を入れていくことをおすすめします。


最近はシャンプーやトリートメントなどを使用して白髪染めをすることも可能になっているので、少しずつ色を入れていきたい場合はカラーリングよりもシャンプーやトリートメントタイプをおすすめします。





 
年齢を重ねてくると絶対に避けられないのが老化現象ですが、どんな健康で美容に気を配る人であっても遺伝子データには老化するように情報が入っているため、加齢に伴って老化は避けられない現象になります。
老化現象にはいろいろな現象がありますが、頭髪が薄くなることや体力が無くなること、肌にしわやしみが増えることも老化現象の一つであり、いずれの現象も老化の進行速度を努力次第で低減させることはできるものの、完全に老化を防ぐことは不可能です。
そんな老化現象に代表される症状の一つに白髪がありますが、日本人の多くは黒髪が生えていて年を取ってくると次第に白い髪の毛が混じるようになり、高齢者になると黒髪の割合が圧倒的に少なくなります。
この現象は誰しも共通して起こることですが、老化の象徴であるということもあって白髪染めを使って白髪を隠す人が多く、高齢者になっても髪の毛が真っ黒な人の大半は白髪染めを使うことで黒くしています。
また、男性においても白髪を嫌う傾向にあるため、中年以上になると白髪染めを購入して頭髪の白い部分を隠す人が増えてきますが、女性に比べると髪の毛の総量が少ないということもあって、負担についてはそこまで大きくありません。
むしろ男性の場合は中年以降に見られる薄毛の症状の方を気にする傾向にあるため、変に髪の毛を染めて頭皮が負担にかかることに抵抗を持っている人が多く、敢えて白髪と黒髪が混じった状態で放置しているケースもあります。
白髪染めにはいろいろな種類があるので、自分の頭皮の状態などに合わせて正しい商品を選んで購入することが大切で、特に男性は薄毛の症状を促進してしまう原因にもなるので十分に注意する必要があります。
また、白髪対策には必ずしも黒く染める方法しかないと言うわけではなく、日常生活に一工夫入れることや食生活を見直すことによって黒髪が生えやすい頭皮の環境を作ることもできるので事前に可能な方法を調べておくとよいでしょう。